2014年3月11日火曜日

彫刻家たましい~


 めずらしいことですが、今プラハ市がでかいコンペを2つおこなっております。ずいぶん前からプラハの渋滞を緩和するためでかいトンネルを作っております。そうなると新しい道、公園などができます。そこに置く彫刻のコンペです。チェコのトップのコンペなので、父親に彫刻家を持ち、自身も彫刻家で生活している命知らずのイエルカとひいおじいさんの兄弟が彫刻家だった私の旦那がチームを組み、今回で3度目のコンペ挑戦です。この二人は前のコンペでなんと4位になったことがあります。彼ら曰く1位から3位でなければ芋の賞だっていってますが、私からすると4位なんて、ほんとうらやましいです。
彼らのルールでコンペに時間をかけないということで、今回も合計5日くらいの共同作業です。(朝から深夜まですが)いくらどうせ賞をもらえないからといっても、チェコでトップのコンペにたった5日で挑戦しようとするのは、生意気だよねと話していました。

彼ら曰く、くそったれの彫刻家たましいが、このくそ忙しい中なのに こういうコンペに参加してしまう・・といっていました。二人とも俺達Mだよな・・とぼやきながらも だんだん形になっていく作品に、はたから見て気持ちがいいです。

彫刻の最近のコンペはデザイン力、文章力、彫刻力、発想力みたいなものがいります。・・・ただ純粋にいい彫刻ができるだけではいい仕事はゲットできないのです。
この二人にあまてらすおおみかみがおりてくることを祈ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿