2013年11月18日月曜日

ヘレナの作品。













昨日は友人ルカーシュの奥さんへレナの長きにわたるプロジェクトの完成披露でした。

およそ300年前に教会の中にまた祈りの建物を建てたこの教会の発展的アートプロジェクトとでもいうのでしょうか・・・ヘレナはこの赤い台、コンセプト、クリスタルのクロスと3人の作家が関わった大掛かりなものでした。約3年くらいかけてです。300年前に教会の中、中央に建物が建った時も
きっといろんな波紋があったと思います。そして今もこの現代的な台、クロスを作ることでかなり反対派と賛成派がいたようです。
すべての教会がこのような形をとるべきではないと思いますが、私たちが生きた時代の印をどこか一つ残せたらいいのではないかと思いました。とてもすばらしい台であり、クロスであり、この風変わりな教会にしっくりきていました。
今回はなんとチェコの教会のトップがいらしておりました。
当然ヘレナの人生でもっとも大きな名誉ある仕事となりました。すごいな~~~

ヘレナもなにか話すのかと思いきや!なんと歌を歌いました。美声にびっくりです。

アレッシュはこの台のマケット制作を手伝っており、結局請け負った会社がCGなのでこの形を再現できず、彼が作った形そのままを大きく拡大したようで、彼の作った形がもろ採用されたようです。
まるで彫刻家の仕事だねと言われ、、、苦笑いしておりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿