2013年5月20日月曜日

白山 inカラーラ











 カラーラの白山といわれている大理石の塊の山。
水分の多い中の大理石が柔らかく、彫刻に適しているそうです。あと25メートル下まで大理石ということがわかっているそうで、ミケランジェロの時から今までずっととり続けているのにまだあるんだっと思うとすごいですね。
説明してくれた方がみんなの前で日本人の彫刻家がここですばらしい作品を作ったといってました。その後別の美術館で彼の作品がおいてあり、カラーラで作った作品の写真もみることができました。とってもほこらしい気持ちになり、うれしかったです。

 イタリアって昔もすごいけど、今の人達もその技術を引きついていて、世界中からそれを学びたくて人が集まります。腕(芸術や工芸)で人を集め、結果それが国の利益になっているなんてすごいです。現代のヨーロッパの中でもイタリアのデザインの評価は高いです。過去の偉大な歴史に頼っていないところがかっこいいです。


 この日の夜にオトバ先生が友人が日本旅行に行った時の出来事を話してくれました。友人はバイクで旅行をしていて、なんかの理由があり、2日間道端にバイクを放置していたそうです。帰ってきたらバイクに大きなビニールがかけてあったそうです。見ず知らずの放置されたバイクに日本人は雨があたるとかわいそうと思いビニールをかけたのよ!
これが日本人です。
とオトバ先生は言い切りました。
まじで・・と思いました。どこのだれか知らないけど、えらい丁寧なことをしてくれたおかげで、私までほめられた気分。。。どこの誰か知りませんが感謝 笑。

日本人もいろいろ発明したり技術とか世界中からの評価は高いですが、やっぱり日本人各自が行ってきた、人や仕事に対する姿勢や評価されるのは、本当に日本人でよかったな~と思いました。






0 件のコメント:

コメントを投稿